海外ネット情報

 

最新記事RSS RSS.png


カレンダー 

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ 

カテゴリー 

リンク 

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--|スポンサー広告

dell.jpg

最近燃え上がるコンピューターで話題のデルですが、新たな火種がやってきました。
デルのE1506を買った人がデルに騙されたと叫んでおり、ネットに波紋を広げています。

下に続く



彼が言うには、25ドルでインテグレーテッド・サウンドブラスター Audigy サウンドカードにアップグレードできると言うのでアップグレードして買ったら、バーーチャルサラウンドのソフトが送られてきただけだったそうです。 integrated (統合された)というのはハードウェア的にマザーボードに組み込まれたな物を指す言葉であって、これは事実と異なると言うのです。
確かにソフトウェアに対してサウンドカードと呼ぶのは如何かと。

問い合わせの電話を掛け ると、ベーシックステレオサウンドカードからサウンドブラスターAudigyサウンドカードにきちんとアップグレードされた言われたそうです。で彼はその 会話を録音してアップしています。(聞いてみましたが非常に聞き取りにくくて分かりませんでした。)
彼は送られてきたCDの画像をアップしてます が、Integrated Sound Blaster Audigy ADVANCED HD Audioと確かに書いてあります。結局彼は5つのサポートセンターをたらい回しにされた挙げ句、解決する事もなく、訴訟を考えているそうです。同様の経 験をお持ちの方は連絡下さいとあります。集団訴訟に訴えるつもりのようですね。ソース

diggコメント欄を見るとこちらも燃えてます。集団訴訟だ!とか、俺も騙された!とか。そうしたら「俺の場合は、デルのInspiron 6000のバス速度が533mhzだから買ったのに400だった!」とか別のも出てきました。(詳細)いやはや、一波乱あるかも。

少し調べてみました。
日本ではSound Blaster®Audigy Advanced HD audio ソフトウェア
となっています。本家アメリカでは
Integrated Sound Blaster®Audigy™ HD Software Edition
となっています。いつからこのソフトウェアという言葉が入っていたかが問題ですね。
誰か知りませんか?
スポンサーサイト
2006/07/31 19:15|ハードウェアTB:0CM:1

コメント
dell
先日DELLでデスクトップを注文したんですが、
いくら調べても「Sound Blaster®Audigy Advanced HD audio ソフトウェア」
という製品(dell独自のエディション??)はdellのサイト以外では見当たらず、いまいち訳が判らないので、とりあえずハイ・デフィニション(HD) オーディオにほうにしておきましたw。
dell #-|2007/07/02(月) 07:59 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://skap.blog71.fc2.com/tb.php/139-0482fcf5

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

ブログ内検索 

Google

最近の記事 

プロフィール 

skap

Author:skap
メルアド変わりました。
英語の勉強を兼ねてネットで散歩中。毎日更新を目指しています。
よろしくです m(_ _)m

世界中の子供に希望を 


ユニセフインターネット募金

毎月100円でも出来ます!

ブログランキング 

現在の閲覧者数:

にほんブログ村 IT技術ブログへ
人気blogランキングへ
インターネット関連ランキング
ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログへ
ブログランキング
ブログランキング ドット ネット
テクノラティ
人気ブログランキング - ネトサン:diggから注目記事を紹介

Copyright(C) 2006 ネトサン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。