海外ネット情報

 

最新記事RSS RSS.png


カレンダー 

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ 

カテゴリー 

リンク 

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--|スポンサー広告

20060729164439.jpg

やばいです。のめり込んでしまいました。評判が良いので買ってみましたが大当たりでした。
レヴィットはまだ若い経済学者ですが異彩を放ってます。彼は自分が興味を示した物に対して片っ端から統計的にアプローチして実際の所どうなの?と検証しまくるんですが、道徳とか常識とか一般的に言われてる事とか全く無視して「統計的に正しい結果」を導き出そうとするんです。

下に続く



例えば、ニューヨーク市で割れ窓理論を元に軽犯罪を徹底的に取り締まって犯罪率を低下させたのは有名な話ですが、実は前の市長が警察官を増やしたのが本当の原因だったことを統計的に証明しています。
また、アメリカで90年代に入って予測とは裏腹に犯罪率が低下したのは中絶が合法化され、本来犯罪者になったであろう子供達が生まれてこなかったのが原因だったことも統計的に証明しています。
ち なみに日本に関する話もあり、レヴィトは相撲で八百長が行われてる事を統計的に証明しています。このように、誰が聞いても素直にそのまま受け入れられない 話ばかりなんです。面白いから人に「ねぇねぇ、面白い話があってねぇ、実は・・・・・なんだよ」って言うと怪訝な顔をされます。一生懸命説明しても怪訝な 顔をされます。そりゃそうでしょうね、著者のレヴィットだって最初はそんな顔されたらしいですし。

ですがレヴィットの人気は上昇しつつあ り、この本は2005年にアメリカで良くも悪くも最もブログで言及された本だったそうです。悪くといったのは、やはり内容が内容だけに批判も多かったそう です。証明の過程が本には載っていないという批判もあるそうですが、翻訳者の方によるとホームページにデータが載ってるそうです。僕はそこまで確認しませ んでしたが。それからそこには著者のブログもあるのですが、そちらでも暴れているようです。(笑)
スポンサーサイト
2006/08/01 17:48|書評TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://skap.blog71.fc2.com/tb.php/137-a8b129ce

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

ブログ内検索 

Google

最近の記事 

プロフィール 

skap

Author:skap
メルアド変わりました。
英語の勉強を兼ねてネットで散歩中。毎日更新を目指しています。
よろしくです m(_ _)m

世界中の子供に希望を 


ユニセフインターネット募金

毎月100円でも出来ます!

ブログランキング 

現在の閲覧者数:

にほんブログ村 IT技術ブログへ
人気blogランキングへ
インターネット関連ランキング
ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログへ
ブログランキング
ブログランキング ドット ネット
テクノラティ
人気ブログランキング - ネトサン:diggから注目記事を紹介

Copyright(C) 2006 ネトサン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。