海外ネット情報

 

最新記事RSS RSS.png


カレンダー 

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ 

カテゴリー 

リンク 

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--|スポンサー広告

アメリカではAOLや衛星放送などの契約を解約する事が大変なようで、そういった仕事を以前していた人がアドバイスを書いています。


http://www.boingboing.net/2006/06/15/how_to_cancel_a_serv.html
1.週7日24時間営業でも、昼間の営業時間外に電話する事。夜間働いている人は昼間とは異なり、引き留めても利害にならない担当者だったりする。
2.もし無礼な担当者に当たったら電話をすぐ切ってかけ直す事。特に売上や引き留めでコミッションを得ている人に多いが、強引な人もいたりする。切ってすぐかけ直せば次の担当者につながるかも知れない。
3.非常に有効な言い訳がひとつある。引っ越しである。サービス圏外に引っ越すとか、すでにそのサービスを受けてる人の所に引っ越すとか言うのである。

ちなみに知っておくと良いのだが、担当者はあくまでお客を引き留める事によって給料を得ている。会話を録音したり、名前やIDを聞く、さらには上司に代わってもらうなどはは無意味である。すべての会話は録音されており、担当者は質問に答えたりクレームを聞くなどしなければならない。もし問題に巻き込まれる担当者がいるとすれば、それはお客を引き留める努力をせずに簡単に解約を受理してしまう担当者であって、会社が作ったノウハウ本を駆使して20分粘る担当者ではないのである。


怖いですね。すぐに辞めさせてくれる担当者は客にとっては良い人であるけれども、その人の会社から見れば問題なんですね。その点、日本はまだ楽でしょうか。簡単に辞められないサービスですぐ思いつくのはNHKぐらいですからw
スポンサーサイト

2006/06/17 11:38|へぇTB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://skap.blog71.fc2.com/tb.php/13-9e157232

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

ブログ内検索 

Google

最近の記事 

プロフィール 

skap

Author:skap
メルアド変わりました。
英語の勉強を兼ねてネットで散歩中。毎日更新を目指しています。
よろしくです m(_ _)m

世界中の子供に希望を 


ユニセフインターネット募金

毎月100円でも出来ます!

ブログランキング 

現在の閲覧者数:

にほんブログ村 IT技術ブログへ
人気blogランキングへ
インターネット関連ランキング
ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログへ
ブログランキング
ブログランキング ドット ネット
テクノラティ
人気ブログランキング - ネトサン:diggから注目記事を紹介

Copyright(C) 2006 ネトサン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。