海外ネット情報

 

最新記事RSS RSS.png


カレンダー 

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ 

カテゴリー 

リンク 

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--|スポンサー広告

mad-cow-040121.jpg

遂に輸入再開されたアメリカ産牛肉ですが本当に安全なのでしょうか?
NHKスペシャルのノリでシリーズものを作ってみました。

まず狂牛病とは何なのか説明すると長くなるので詳細はソースを読んで貰うとして、以下の事をまず覚えてください。

新変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)という病気は、BSEが原因の可能性が極めて強い。(厚生労働省 牛海綿状脳症 (BSE)等に関するQ&A

さて、以下のサイトが良くできており、驚くべき事が書いてあります。
http://tanakanews.com/e0706BSE.htm(日本語)
(以下抜粋要約)
ヤコブ病は100万人に一人しか掛からない病気なのに、ニュージャージーのガーデンステート競技場の食堂を利用していた可能性の強い13人がヤコブ病にか かって亡くなりました。つまりヤコブ病で死んだ13人は、実はBSEが原因で死んだのではないかと疑われる事です。当然政府は否定しましたが疑惑は残って いるようです。(原文

この話は昔TBSの報道特集でもでやっていました。
(他にも良い情報がいろいろ載っているので是非上のリンク先を訪ねてみて下さい。ただ最後の段落はちょっと行きすぎな気がしますが。)

つまり、ヤコブ病=狂牛病(ごめんなさい。これは言いすぎたので言い直します。)ヤ コブ病のいくらかは狂牛病が原因するとアメリカ国内にかなりのBSE感染者がいることになるのです。どうもアメリカにおいてはBSEを語る事は政治的にタ ブーのようです。アメリカでは狂牛病が発生していない事にしたい食肉業界の意向が強く反映されているようですね。すると日本に輸出する牛は全て全頭検査を 行うと発表した会社が政府の力で阻止されたのも納得出来ます。万一そこからBSE感染牛が発見されるとアメリカのBSE検査体制の根幹が揺らいで大騒ぎに なるからだと考えられます。

関連記事

アメリカと狂牛病1 狂牛病もう一つの名前  


アメリカと狂牛病2 アメリカ人はどう考えているのか


アメリカと狂牛病3 ヨーロッパはアメリカ牛をどう見てるのか?  
スポンサーサイト

2006/08/10 17:26|社会TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://skap.blog71.fc2.com/tb.php/119-7c11259f

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

ブログ内検索 

Google

最近の記事 

プロフィール 

skap

Author:skap
メルアド変わりました。
英語の勉強を兼ねてネットで散歩中。毎日更新を目指しています。
よろしくです m(_ _)m

世界中の子供に希望を 


ユニセフインターネット募金

毎月100円でも出来ます!

ブログランキング 

現在の閲覧者数:

にほんブログ村 IT技術ブログへ
人気blogランキングへ
インターネット関連ランキング
ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログへ
ブログランキング
ブログランキング ドット ネット
テクノラティ
人気ブログランキング - ネトサン:diggから注目記事を紹介

Copyright(C) 2006 ネトサン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。